『アメリカゴルフ進学セミナー』を開催しました。

2019年1月16日

2019年1月13日(日)、IJGA日本事務局にて『アメリカゴルフ進学セミナー ~アスリートはなぜアメリカを目指すのか?~』が開催されました。
三連休の真っ只中にもかかわらず、定員を超える予約でジュニア・親御様ともに積極的な参加が目立ちました。

セミナー内容は、
1、なぜアメリカに行くのか?
2、日本の大学ゴルフ部とは?
3、米大学のスポーツ環境
4、NCAA紹介
5、アメリカでカレッジゴルフプレーヤーになる
6、事例紹介 ①カレッジゴルフ経験者の声 ②保護者の声
7、質疑応答

 

セミナー②セミナー③

セミナー3セミナー⑤

本セミナーでは、まず日本の大学ゴルフと米国の大学ゴルフの実例を示しながら比較解説させていただきました。
その後、今回のメインゲストのLauren Harling(ローレン・ハーリング)氏(現インディアナ大学女子ゴルフチーム:アソシエイトヘッドコーチ)から、アメリカでカレッジゴルフプレイヤーになるためにはどうしたらよいのか?、そのためにはどのような準備をしていけばよいのかを段階的に説明していただきました。話はコーチが選手に求める人物像やNCAAの規定、アスレチック奨学金にまで及びました。
現役のコーチから直接お話を聞けたことは、アメリカ進学を考えているジュニア・保護者様には有意義なものになったと思います。
さらに、カレッジゴルフの卒業生の尾崎翔太さんにもビデオレターで出演いただきました。
実際に大学生活体験者のお話は説得力があり、ビデオに見入って聞いている参加者の姿が印象的でした。

 

これまでIJGA内部生対象のセミナーは何度か実施しましたが、一般向けのセミナーは初開催でした。
今回のセミナーを企画するにあたって、説明する内容が難しくないか?分量や時間は多くないか?等、スタッフには心配と不安がありました。
実際の反応を見ると、おおむね好評をいただき意欲的なご意見もいただきました。
皆様からいただいたご意見・ご感想をもとに、様々なテーマでセミナーを実施出来たらと考えております。