成長のための青写真を作りました

2017年9月8日

Blueprinting_Meeting

IJGAでは生徒の成長はコーチらの意見などではなく、確かな事実によって確かめます。
それを行うため学期の始まりには「能力測定の週」という期間を設けています。

これによって、生徒がその時点でどんな状態なのかを把握します。
能力測定をするにあたっては、動作の3D解析、トラックマンによる弾道解析、身体能力の測定、筋力テスト、コースマネジメント、36ホールをプレーしたときのスコア、ショットメイクの想像性、ショートゲーム、パッティングそしてメンタル面をチェックします。ここまで徹底したテストを行うのは
生徒にとっても初めての体験となるでしょう。

このテストによって得られたデータを基に、生徒それぞれのための「青写真」を描きます。
クッキーの型抜きのような考え方で皆に同じことをしても同じように成長はしないので、より高いレベルを目指すIJGAの生徒にとって個々のプランを作ることは重要です。

青写真は能力測定の週で得られた情報による賜物です。各分野の専門家が1つのテーブルに集まり生徒が人間として、またはアスリートとして成長するために短期・長期的な目線でアドバイスを交換し合います。

このような方式をとることによって、一人のコーチのエゴに偏ることを防ぎ、かつ分野間での連携を密にすることが大きく結果に繋がることを実感しています。例えば、とある生徒が体の可動域に課題があることが発覚したとします。これは3Dによる解析でも見られるはずです。これを関係する専門家(この場合はトレーナーとコーチ)が連携をしてジムの中、またはコース上でも不具合を起こしている箇所の改善をするための計画を作成します。

生徒はこの事実ベースの仕組みから多大な恩恵を得ることができるでしょう。繰り返しではありますが、この仕組みはコーチらの意見や見解に依存しません。

コーチらはチームとして連携し、同じ目標に向かって一人ひとりの生徒を支えていきます。1人のコーチが生徒のことを抱え込んでしまうことは、関係上良いことではありません。このようなやり方では互いの成長のためになりません。関係者全員で情報を共有し、生徒の未来のために労力を注ぐべきなのです。

 

青写真の中に憶測はありません。そうすることでプレーヤーの自信を確固たるものにできるのです。

最後に、コーチングスキルは過去の実績の積み重ねによる知的財産のように言われることがあります。
選手らに結果を出してほしいと思う一方で、テストを通して成長を見守ることも大切と考えます。
純粋かつ偏見のないコーチングこそが素晴らしい結果をもたらし、それは偶然ではなく計画によって得られるものです。これがIJGAのやり方です。

 

September 1, 2017Uncategorized

At IJGA, we measure our student’s progress based on facts rather than opinion. With that goal in mind, we start each year with a Benchmarking Week. This creates a snapshot of the player’s game in that moment in time. The benchmarking tests include 3D analysis, Trackman, video, physical screening, strength tests, fitness tests, course management, 36-hole stroke play event, art and creativity in shots, short game, putting and the mental side. This battery of tests is likely the most comprehensive testing our students have ever been through.

 

From this data we create a fact-based roadmap called a Blueprint, for each student as an individual, rather than a cookie cutter mentality that does not work in such an individual and personal pursuit as high-level golf.

The Blueprint is the product of the collation of information from Benchmarking Week. The specialists all sit with the student as a team to go through their data and to give recommendations on the approach to create athletic and personal improvement in the short, medium and long term. We have found this ego-less approach to coaching produces tremendous results as there is a cross-over and tie-in from one area to another. For example, someone may have some red flags from a mobility perspective in the gym. This shows up in their swing in 3D and on video. The relevant specialists then work together to create a plan in the gym and on the tee to improve this dysfunction and therefore create an improvement with their interventions.

 

The student-athletes benefit in numerous ways with this fact based and harmonious model for improvement. As mentioned, it is a fact based rather than an opinion solution. And the coaches work as a team and are all on the same page for the good of the player. Coach ownership of a player is one of the drawbacks of some coach/player relationships. This can stifle growth of both the player and the coach, so we have a team approach with all members of the team having equal share and investment in the player and their future. Additionally, the Blueprint takes the guesswork out, giving the player more confidence to forge ahead and improve. Lastly, coaching is often based on intellectual property with player improvement only being judged by a win here and there. Whilst we like players to win and perform and have a history of it, we also like to measure improvements in all areas we test. Transparent and agnostic coaching I like to call it – which creates performance by design.

 

That’s the IJGA way!

 

Jonathan Yarwood

IJGA Director of Golf