快挙!卒業生がPGAツアーにて初優勝 – リッチー・ワレンスキー選手

2020年8月25日

2010年にIJGAを卒業したリッチー・ワレンスキー(Richy Werenski)選手がPGAツアーで初優勝を上げました。

2020年8月2日、PGAツアーのひとつ「バラクーダ選手権」において同選手はトロイ・メリット選手に1ポイント差で競り勝ちトロフィーを手にした。

ワレンスキー選手は2010年にIJGAを卒業するとジョージア州にあるジョージア工科大学へ進学。4年間をカレッジアスリートとして過ごしたのち2014年からプロデビュー。昨今ツアーを賑わすルーキーらとは違い、しっかりとした下積みに培われた経験と技術が今回実を結んだ形だ。