2014.11.11

呉司聡、IJGTメジャー初優勝

11月8日-9日、ドーミークラブにてIJGTメジャーチャンピオンシップが開催されました。アメリカ国内外から50名以上のジュニアゴルファーが参加しました。寒く、難しいコースセッティングの中、選手たちは国内ランキング、IJGTメリットポイントを懸け、そしてIJGTメジャーチャンピオンを目指して試合に臨みました。

呉司聡(神奈川)は77-71-148でプレーし、15-19歳男子の部で見事優勝。IJGTメジャーチャンピオンとなりました。2日目、呉を含め4選手が2位タイでスタートしました。初日ではバーディーが無かったものの、2日目、呉は3バーディーを奪い、またパット数を23としました。2日目の積極的なプレーが実を結び、2位に2打差をつけ優勝しました。呉は「パッティングとショートゲームが上手くいき、勝利に導いてくれた」と語りました。Taisuke Ono.jpgのサムネール画像のサムネール画像 domiTennoshin Ogawa.jpgのサムネール画像

2位はトータル150で回った大野瞬日亮(東京)、3位はトータル151でプレーした小川天之進(愛知)とBrett Inserra(ニュージャージー州)でした。また、Inserraは最終日69(2アンダー)でプレーしClazic Belts Low Final Awardを受賞しました。この賞は最終日に最少スコアでプレーした選手に贈られる賞です。

italia.jpgのサムネール画像

14歳以下男子の部の優勝者はThomas Pfoestl(イタリア)でした。Pfoestlは初日79とし2位に10打差をつけました。2日目は83とし苦しみましたが10打差を守り切りました。2日間で3バーディー、13パーのトータル162(79-83)とし初優勝を飾りました。Pfoestlは「ボールを上手く運ぶことが出来、慎重に最終日をプレーすれば優勝できると確信があった」とコメントしました。トータル172で回ったLuke Sampleが2位、Lukeの弟Andrewがトータル198でプレーし3位としました。

kellycrop.jpgKelly Whaley(コチカネット州)がトータル142(イーブンパー)で回り、女子の部で優勝しました。初日Whaleyはアンダーパーでプレーした唯一の選手でした。5バーディー、10パーとし69(2アンダー)、2日目は4バーディーを含む73(2オーバー)でプレーしました。また、WhaleyはClazic Belts Low Final Awardを受賞しました。Whaleyは「最近すごく練習を頑張っていて、その努力が報われて良かった」語りました。2位はトータル154で回ったGabriela Teran(ニカラグア)、3位はトータル159で回ったLita Huber(ウルグアイ)でした。

WEST END, N.C. – The IJGT hosted the Major Championship at Dormie Club on November 8-9, 2014. The second Major Championship of the season featured a field of more than 50 juniors from across the United States and around the world. Facing cooler temperatures and a difficult course, juniors competed for IJGT merit points and national rankings as well as the honor of being named the IJGT Major Champion.

Shiso Go of Kanagawa, Japan, captured the title of Major Champion in the Boys 15-19 Division with scores of 77 and 71 for a two-day total of 148. Go started round two in a four-way tie for second place. After posting zero birdies in round one, Go improved by adding three birdies in the second round to his 23 total pars for the weekend. Go’s strong play on Sunday allowed him to move into first place and win by two strokes.
“My putting and short game are what I did really well with and what helped me win,” said Go. Taisuke Ono of Tokyo, Japan, finished in second place with a two-day total of 150. Brett Inserra of Upper Saddle River, N.J., andTennoshin Ogawa of Ichinomiya-shi, Japan, shared third place with a tournament totals of 151. Inserra’s round-two score of 2-under-par 69 earned him the Clazic Belt Low Final Round Award, the award given to the male and female junior(s) recording the lowest score on the final day of the event.

The Boys 14 & Under Division Champion was Thomas Pfoestl of Schenna, Italy. Pfoestl jumped out to a ten-stroke lead over the division in round one with his opening score of 79. Despite his second day struggles, Pfoestl maintained a ten-stroke lead with a second round of 83. With the help of three total birdies and 13 total pars, Pfoestl’s tournament total 162 earned him his first career IJGT win.
“I drove the ball well and I knew if I played smart in the final round I would win,” commented Pfoestl.

Kelly Whaley of Farmington, Conn., became the Major Champion of the Girls Division with an even-par 142. Opening with the only round played under par on Saturday, Whaley recorded five birdies and 10 pars en route to a 2-under-par 69. Whaley followed up her strong first round with a 2-over-par 73 in round two thanks to four additional birdies. Her second round 73 earned her the Clazic Belts Low Final Round Award for the girls.
Whaley said, “I’ve worked really hard lately on my game and it’s nice to see all of my hard work pay off.” Finishing in second was Gabriela Teran of Managua, Nicaragua, with a tournament total of 154. Rounding out the top three wasLita Huber of Montevideo, Uruguay, with a total of 159.

PAGE TOP