2010.04.26

Rushton and Sakuragi Win IJGT at Saddlebrook Resort(ラシュトン、桜木がサドルブルックで優勝)

WESLEY CHAPEL, FL –This week, the International Junior Golf Tour (IJGT) returned to Saddlebrook Resort for another thrilling event. Home to the famed Palmer course, Saddlebrook played host for 84 of the area’s best junior golfers all looking to take home the ultimate prize. The strong field of IJGT competitors was forced to navigate the Palmer Courses slick undulating greens and hazard ridden layout.

In the Boys 16-19 Division, Hank Haney International Junior Golf Academy (Hank Haney IJGA) student Matthew Rushton (Johannesburg, South Africa) came out in the first round firing and never let up. Rushton posted a spectacular 6-under-par 65 on Saturday to take a commanding lead heading into the final round. With a determined field on his heels, Rushton was cool under pressure firing a 73 on Sunday to capture the first place title. Rushton finished in red figures with a score of 138. Finishing in second place was Hank Haney IJGA student Ernesto Vitienes (Santo Domingo, Dominican Republic). Vitienes carded impressive rounds of 69 and 73 to finish with an even-par score of 142.

“I feel great to get the win this week. I played pretty well all weekend and it’s nice to walk away with a victory. My ball striking could have been better but I made up for it around the greens with my putting,” said Rushton.

In the Girls U-19 Division, Hank Haney IJGA student Momo Sakuragi (Tokyo, Japan) provided consistent play all weekend and fired rounds of 69 and 72 to finish in red figures for the tournament. Sakuragi finished with a 1-under-par score of 141. Staring a playoff right in the eye, Hank Haney IJGA student Anna Young (Saskatoon, Canada) posted a final round 73 to finish in a close second.

Excited about getting the win, Sakuragi stated, “I hit the ball very well this weekend. I had some great second shots on both days which left me with some easy putts. Overall, I just really played consistent.”

In the Boys U-12 Division, Hank Haney IJGA student Derrick Villarreal (Hartland, WI) posted rounds of 75 and 78 to claim second place honors.

ウェスリーチャペル、フロリダ州 — 今週IJGTはサドルブルックリゾートで感動的な試合を繰り広げました。サドルブルックのパルマーコースは84人のジュニアゴルファーが参加し、優勝をかけて戦いました。パルマーコースは滑りやすくうねりのあるグリーンと難度の高いレイアウトが特徴です。

16から19歳以下男子の部で、IJGA生マシュー・ラシュトン(ヨハネスブルグ・南アフリカ)が好スタートを切り、見事な6アンダーの65で土曜日を終えました。大きなプレッシャーの中、日曜日も冷静にプレーし、73で優勝。トータルスコアは138という結果でした。2位はIJGA生のエルネスト・ビティエネス(サントドミンゴ・ドミニカ共和国)。ビティエネスは69、73でイーブンパーの142でした。

「優勝できてとても気分がいい。今週はよくプレーできていたと思います。IJGTの最後の試合で優勝ができて本当に嬉しいです。ボールを打つことについては次第によくなってきていますが、(失敗したら)パッティングでカバーできていました。」とラシュトンは語っています。

19歳以下女子の部では、IJGA生の桜木桃(東京・日本)が粘り強いプレーで69、72を出し、トータルスコアは1アンダーの141でした。

プレーオフでIJGA生アナ・ヤング(サスカトゥーン・カナダ)は、最終ラウンド73でまわり、2位という結果になりました。

桜木は「今週末はよくボールが打てました。いくつか満足のいくセカンドショットが打てて、パッティングが楽になりました。全体的に終始落ち着いてプレーができました。」と語っています。

12歳以下男子の部は、IJGA生のデレック・ヴィラリール(ハートランド・ウィスコンシン州)が75、78のスコアで2位に入りました。

PAGE TOP