ゴルフが上手くなる良い方法

2018年2月8日

0208HeaderPhoto

ゴルフが上手くなる良い方法

Retention and Transfer(記憶と実践)

30年以上の年月を経た今、ゴルフに用いられるテクノロジーは目覚ましい進歩を遂げました。バックスピンを減らすことで従来よりもボールはより遠くへ、より真っすぐ飛ぶようになりました。3Dでのスイング解析によって人体の動きについても理解が深まりました。

地面圧力を計測できるスイングカタリストや、トラックマン等の弾道解析機を組み合わせて使うことでスイング中に何が起こっていて、ボールの飛び方にどのように影響を与えるかが詳しく分かるようになりました。

空気力学的に改良されたゴルフボールと以上のようなデータを組み合わせれば、驚くほどの伸びしろがあることを目の当たりにします。自分のスイングスピードやスピン量を解析することによって、相性の良いボールを選択することさえ可能です。

 

しかし同じく30年以上経っても一般ゴルファーのプレーは改善されてきませんでした。多くのゴルファーがいくらたくさんのボールを打っても上達せず、ゴルフの難しさに心折れて辞めてしまいます。

長年テクノロジーの進歩によってゴルフがもっと簡単になり、ボールはより真っすぐ、遠くへ飛ぶことが期待されました。実際にそういった改善が見られ一時的に上手くなったかと思いきやなぜかまたパフォーマンスは下がっていきます。

ゴルフの上達法を理解するには、我々の脳がどのように情報を記憶したり、どのように能力をゴルフに活かしているのか等脳の習性を知る必要があるのです。

 

まずは練習方法について考えましょう。ブロック練習とランダム練習という言葉はご存知でしょうか。これらはどちらも上達に欠かせない練習方法です。とはいえ、効果を最大化するには目的を明確にする必要があります。

 

本当に身に付く上達を遂げるには、高い集中力と測定可能な課題が必要です。新しいことを覚えるにおいて、学ぶ姿勢と柔軟な頭は必要不可欠です。練習の目的をしっかり意識し続けることで、脳は情報を吸収していきます。

これは、すべてのツアープレイヤーが優れているスキルであり、素晴らしいショットの裏にはこうした根拠があるのです。

もし、他の多くのゴルファー同様に挫折感を感じ自分を責めているとしたら、それはパフォーマンスをむしろ下げていることでしょう。必要以上にガッカリするくらいなら、一旦事実を認めてもっと上達するためにチャレンジしてみましょう。良くないショットを打ってしまったとしても、それを認めることに努めてみればそこから学べることがあるはずです。

 

つまり、ミスに対してもっと寛容であり事実を認めることで、学びが生まれるのです。

 

パッティング練習の例をご紹介します。

距離感を磨くのに苦労しているとき、難易度が高く集中力を要するラダードリルが良いでしょう。

PuttingPractice

ゴールは高い難易度でありながら、尚且つ達成できそうなものであるべきです。今の自分のスキルを考慮し、最初は少なめのボールから始めると良いでしょう。上手くなってきたら増やしても良いでしょう。

5球を使って始めましょう。最初は一番手前のオレンジ色のコーンからです。

オレンジ色のコーンからボールを打って、全てのボールが遠くにある4つの白いコーンと近くにある白いコーンの間に止まるようにします。但し、ボールは1つ前に打ったボールをオーバーしてはいけません。

この要領でどんどん次のレベルへ進みます。上手になってきたらボールを増やして同じことを繰り返しますが、万が一ミスをしてしまったらやり直しです。

 

こういった練習の仕方がコースでのパフォーマンスを改善します。

もちろん忍耐が必要です。

 

IJGAゴルフコーチ ダン・ジャクソン

 

以下、原文

The Best Way to Improve your Golf Game

Over the last 30 years technological improvements within the game of golf have been amazing. We now have golf balls that fly further and straighter with less spin. We have a better physiological understanding of how the golf swing works through 3D analysis.

Ground pressure plates such as Swing CatalystTrackMan and other launch monitors all play their part in understanding what happens within the swing and the effects the swing has on the golf ball.

Combine this with improved aerodynamics of golf balls and the sheer number of options you can choose from to improve is incredible. Matching your swing speed and spin rates gathered from a launch monitor data enables you to choose the most suitable ball.

Over the same 30-year period, the average handicap within the game has hardly improved however. People still quit the game due to its complexity and difficulty, finding that the hours and hours spent on hitting thousands of balls is worthless.

For years people have sought new technology that will make everything easy and cause the ball to fly high and straight, and for a brief period their golf game may look a little better, but it then plateaus, and performance falls again. To understand how to improve, you must understand how our brain works and more importantly how our brain retains information and how we can best transfer our skills from the range to the golf course.

We need look at how we practice. Most people have heard of the terms Block Practice and Random Practice. These are both great ways to help improvement, though to gain the most from these you must be very specific in what you are trying to do.

Achieving improvement that lasts over a longer time requires a high level of concentration and a task where your performance can be measured and learned from. Learning and being reflective on what you are trying to do is crucial in retaining the information. Your brain will better absorb the information if you consciously reflect on the process. This is a skill that all Tour players are good at as they are searching for information and reasoning behind why they hit a shot.

If, like most people, you find yourself getting frustrated and negatively critical of what you are doing, this will decrease your level of performance. Instead of becoming overly frustrated, accept the situation and challenge yourself to react in a way that will allow you to improve your game. Challenge yourself to accept the shot you have played and gain knowledge from that shot.

In short, be open-minded to mistakes, accept those mistakes and learn from them.

Here is a putting example to put this into practice:

When struggling with distance control in putting, a drill that is both challenging and requires high levels of concentration is a ladder drill. Within this drill there must be a goal that is both challenging and achievable. Depending on your skill level, start with fewer balls and gradually increase the amount of balls.

 

Start with 5 balls and begin at the 1st orange cone. The challenge is to get all 5 balls within the space between the single white cone and the line of 4 cones.

Each ball must be shorter in distance than the previous ball. Once all the balls lie between the single white cone and line of 4 white cones, you can then increase the amount of balls to make it more challenging.

For each putt you must change your location.

1st Putt = 1st orange cone

2nd Putt = 2nd orange cone

3rd Putt = 3rd orange cone

4th Putt = 1st orange cone

Etc.

If the ball goes longer than the previous ball, start all over again.

This is one of many ways that will help with your performance on the golf course. In the end, it takes patience and perseverance.

 

Dan Jackson, IJGA Golf Coach