留学先での高校生活

学校について

img13

移民を多く受け入れ、さまざまな民族は集まるアメリカは、「個性」を尊重する文化があります。

IJGAの学生が通うヘリテイジアカデミーでは小学5年生から受け入れており、日本の中学3年生にあたる学年がアメリカの高校1年生(9年生)となります。
さらにアメリカの高等教育では、学生の自己主張・自分らしさを大切にするという理念を徹底し、責任を果たしながら自立できる人材を育てています。

世界約30ヶ国から学生が集まるため、話す言語はもちろんのこと、文化や習慣の違いにとまどう留学生も少なくありません。
しかしながら、共に学び生活することでこのような言葉や文化の壁を乗り越えてこそ、精神力の強さや問題解決能力を身につけることができます。

人間力を養える環境で、プロゴルファーに求められる知性と技術を体得していきましょう。

ボーディングスクールとは

世界のセレブが通うのが全寮制学校(ボーディングスクール)。
規律正しい校風やマナーを厳しく指導し、常識ある学生を育てるのが特徴です。
ボーディングスクールの中には、500年以上もの歴史を持つ学校があり、長年伝承されてきた学校理念や行事など、伝統を守る姿勢が世界的な評価を受けています。
寮内では、先輩が後輩の面倒をみながら、生活ルールを守って共同生活をします。
生活習慣や考え方の違いを受け入れながら、協調性を身につけられます。
ヘリテイジアカデミーもそのボーディングスクールのひとつ。
新学期が8月中旬から始まる2学期制で、1学期は1月中旬まで、2学期は1月下旬から6月上旬までとなります。

一日のスケジュール例

6:00
起床→朝食
7:00
学校へ移動
7:30 – 12:20
授業(90分×3コマ)
12:30
ゴルフ場へ移動→昼食
13:30 – 17:20
ゴルフトレーニング
17:30
学生寮へ移動→夕食
19:00 – 20:00
フィットネストレーニング
20:30 – 22:00
予習・復習
22:30
就寝
010203
040506

0807

国際色豊かな環境

ヘリテイジアカデミーには、28カ国からの学生が集まります。
さまざまな国の文化や国民性に触れることができ、多角的な考え方や視野が広がって、国際感覚が身に付きます。
主な国籍
アメリカ、日本、オーストラリア、ベラルーシ、カナダ、中国、チェコ共和国、エクアドル、ドイツ、ガーナ、グアテマラ、香港、インド、インドネシア、イタリア、韓国、マレーシア、メキシコ、モンゴル、ニュージーランド、ニカラグア、ルワンダ、シンガポール、スロバキア、台湾、タイ、ウルグアイ、プエルトリコ、ベネズエラ (2013年9月現在)

留学生も安心の英語コース

留学生の受け入れ体制が整っており、留学生でも生活しやすい環境が揃います。
英語に自信がない留学生のために、ESLコースを設置。
高校の授業についていけるよう総合的に英語を学びます。
数学用語、化学用語などの専門英語もしっかり準備します。

学習効率が高い少人数制の授業

1クラス平均5〜15人の少人数制だから、教師からのアドバイスを受けやすく、アットホームな雰囲気で授業が進みます。

「参加型授業」が主流のアメリカの高校で、留学生でも自発的に質問や発言をしやすい環境です。

ゴルフと学業の両立が可能

ゴルフトレーニングと学業を両立できるように学校の授業計画が柔軟に組まれています。
ゴルフ名門大学への進学を希望する学生は、限られた時間で決まった単位を取得しなければなりません。専門のアカデミックコディネーターが、効率的な授業の取り方や大学選定などのアドバイスを行います。

高い進学実績

大学進学を見据えた質の高いプログラムで、卒業生の90%以上が名門大学から奨学金を受け、大学進学を果たしています。IJGA学生のアカデミックとゴルフレベルの高さが評価されています。

卒業生の進学先

アラバマ大学、アリゾナ州立大学、イーストテネシー州立大学、イェール大学 オクラホマ大学、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)、カンザス大学 クイーンズ大学、クレムソン大学、コースタルカロライナ大学、コネチカット大学 コンコルド大学、サウスカロライナ大学、ジョージア大学、ジョージア工科大学 セントラルフロリダ大学、テキサスA&M大学、デューク大学、ノーザンコロラド大学 ノースカロライナ大学チャペルヒル校、ノートルダム大学、パデュー大学 ハワイパシフィック大学、プリンストン大学、フロリダ州立大学、ボストン大学 マイアミ大学、ルイズビル大学、ワシントン大学

アスリート入学と高い奨学金受理額

アメリカの大学進学では、たとえアスリートであっても文武両道であることが要求されます。IJGA全卒業生の奨学金獲得額は、通算で51ミリオンドル(日本円で約51億円)となっており、学業とゴルフを両立する姿勢が大学関係者からも高い評価を受けています。ヘリテージアカデミーとIJGAのカレッジプレースメントとの密な連携が、これを可能にしています。

学校生活

トーナメントに参加しない週末はショッピング、マリンスポーツ、映画、アトラクションなどを楽しみ、リラックスして過ごします。PGAトーナメント観戦やディズニーワールド、シックスフラッグス(遊園地)などの観光名所を訪れる学校主催のアクティビティも盛んです。

滞在方法

学生は、白を基調としたコンドミニアムを思わせる学生寮で、4人で1つの棟に生活します。
個別ベッドルーム、共同のキッチン、ダイニング、リビングが自由に使えます。
ゆったりと広い空間で、自分の家のように過ごせる環境。
ワイヤレスインターネット、ケーブルテレビも利用できます。
また、寮母が24時間体制で管理し、学生の安全を守ります。

食事

アスリートに必要な栄養バランスを考えた食事が用意されます。
留学生が多いため、さまざまな国の料理がメニューに含まれています。

●朝 食…アメリカの典型的な朝食は、シリアル、トースト、フルーツ、卵料理等です。寮母(RI)が料理してくれるほか、シリアルやパン類、フルーツやエナジーバー、ワッフル等、生徒が自由に取って食べれるようにキッチンには常に食べ物が補充されています。
●ランチ…サンドイッチバー、サラダバーは毎日用意されています。その他日替わりのホットミール(グリルチキン、ナゲット、ご飯、ピザ、煮込み野菜等)が用意されています。コーチやチームメートと一緒に、クラブハウス内でバイキング形式で頂きます。
●夕 食…寮母(RI)の手料理の日、イタリアンやチャイニーズ、メキシカンなど、地元レストランからのケータリングの日があり、それぞれの料理を寮で頂きます。また、毎週「外食の日」もあり、RI(寮母)やルームメートと地元のレストランでの外食も楽しめます。

ヘリテイジアカデミー校長からのメッセージ

Head of School校長
Gloria Shoemaker  (グロリア・シューメーカー)

日本人学生は毎日とても熱心に勉強をしています。ここヒルトンヘッドアイランドはとても安全な場所です。そして、学生たちは経験豊富な教師、スタッフに守られ、充実した毎日を送ることができるでしょう。私共も親御様と同じくらい学生たちの成功を願っています。