学生生活

学校について

IJGAの学生はHeritage Academy(ヘリテイジアカデミー)という私立学校へ通います。移民を多く受入れ、様々な国籍の人々が集まるアメリカは、「個性」を尊重する文化があります。学校の全校生徒のうち、そのほとんどが留学生で構成されるHeritage Academyは特に受け入れ態勢が整っています。

日本でいう小学5年生から高校3年生まで幅広年齢の生徒が在籍しており、世界約30か国から学生が集まるため話す言葉はもちろん、文化や習慣も異なるため最初はコミュニケーションに戸惑う子も少なくありません。しかし、こういった環境の中で過ごすからこそ国際感覚や、主体性、問題解決の力が身に付き延いては大人になってからの生きる力が養われます。

学期:2学期制(8月中旬~12月末:秋学期、 1月中旬~5月下旬:春学期)

生徒のこれまでの主な国籍:
アメリカ、日本、オーストラリア、ベラルーシ、カナダ、中国、チェコ共和国、エクアドル、ドイツ、ガーナ、グアテマラ、香港、インド、インドネシア、イタリア、韓国、マレーシア、メキシコ、モンゴル、ニュージーランド、ニカラグア、ルワンダ、シンガポール、スロバキア、台湾、タイ、ウルグアイ、プエルトリコ、ベネズエラ

img13

留学生を支える3つのポイント

(1)英語初級者でも安心の充実した授業

留学生の受け入れ体制が整っており、留学生でも生活しやすい環境が揃います。英語に自信がない留学生のために、ESLコースを設置。学校の授業についていけるよう総合的に英語を学びます。数学用語、化学用語などの専門英語もしっかり準備します。

(2)少人数制の授業

1クラス平均5~15人の少人数制だから、教師からのアドバイスを受けやすく、アットホームな雰囲気で授業が進みます。「参加型授業」が主流のアメリカの高校で、テストばかりでなく普段の授業中の積極的な態度が評価されます。

(3)ゴルフと学業の両立

ゴルフトレーニングと学業を両立できるように学校の授業計画が柔軟に組まれています。ゴルフ名門大学への進学を希望する学生は、限られた時間で定められた単位を取得しなければなりません。専門の進路指導担当が効率的な授業の取り方や大学選定などのアドバイスを行います。

ヘリテイジアカデミー校長からのメッセージ

校長:グロリア・シューメーカー(Gloria Shoemaker)

日本人学生は毎日とても熱心に勉強をしています。ここヒルトンヘッドアイランドはとれも安全な場所です。そして、学生たちは経験豊富な教師、スタッフに守られ、充実した毎日を送ることができるでしょう。私どもも親御様と同じくらい生徒たちの成功を願っています。

学生寮での滞在生活

env0002I留学生は皆、学生寮に滞在します。
白を基調としたコンドミニアムを思わせる寮で、最大6人で1つの棟に生活します。ベッドルームやバスルームは個別にあり、その他のキッチン、ダイニングやリビングは共用スペースとなりますが自分の家のように過ごすことができます。
寮の全域で生徒専用のワイヤレスインターネットが利用可能、ケーブルテレビも利用できます。IJGAでは異文化交流も留学の大切な1面と捉え、同じ国から来た生徒が固まらないように部屋割りを考慮しております。また、寮母(RI)が24時間体制で管理しており、学生の安全を守っています。

食事

育ち盛りのジュニアアスリートに必要な栄養バランスを考えた食事を提供しています。
留学生が多いため、さまざまな国の料理がメニューが含まれているのも面白い一面です。

env0002●朝食
朝食は寮にあるビレッジカフェ(食堂)で取ります。
シリアル、トースト、フルーツ、卵料理等アメリカでいう一般的な食事ができます。その他にもミルク、ジュース、エナジーバーやヨーグルトなどは常に取って食べられるよう補充されています。
env0002●昼食と夕食
昼食と夕食はオールドカロライナというIJGAのメインキャンパスでとります。食事はいずれもバイキング形式です。施設にはキッチンが併設されており、お料理はお代わり自由、食べそびれる心配はいりません。他の生徒や、コーチ、IJGAスタッフとも交流ができるみんなの憩いの場でもあります。

週末の過ごし方

env0002週末はトーナメントに参加することが多くあります。大きい大会になると3日~4日試合になることもあります。もちろん、欠席は公認欠席扱いとなり出られなかった分の授業の内容及び課題は後から受講・提出することになります。
トーナメントが無い場合は、周辺地域でショッピングやマリンスポーツ、映画、アトラクションなどを楽しみしっかりと体を休めることが可能です。もちろん、週末に自主練習を行うことも可能です。寮からゴルフ場へは週末でも車を手配、送迎をしてもらうことができます。